SATOSHI OZAWA

Official Site | satoshiozawa.com

Vandoren V21

バンドレン・V21-01

Vandoren V21 Alto Sax

「どんなジャンルにも、どんなマウスピースにも対応」

夢のようなキャッチコピーが素敵なリード「Vandoren V21」以前から何回かテストしているのですが、今のところベストなセッティングには出会えていません。

50種類ぐらいのマウスピースにV21の2番〜4番を各数箱ずつ組み合わせて試していますが、僕の吹き方でV21を攻略するのは難しそうです。

バンドレン・V21-03

このリードのカッティングには特徴があって、ヒール部分が徐々に細くなっています。(写真↓)

V21は、銀色のV12のカッティングに似ていて、リードの中心ハート部分がとても厚くて先端に向けて急勾配で薄く削ってあります。(V12のアンファイルド版的な感じ?)このカッティング効果で音色がどう変化するのかは、まだ実感できていないです…

バンドレン・V21-06
Vandoren V21(上)、Vandoren Traditional(下)

Vandoren JAVAのカッティングは、一般的にジャズ向きに分類されてます。V21はどんなジャンルでもOKというよりも、かなり癖が強い印象。JAVAとは正反対で、どちらかといえばクラシック向きリードに近いカッティングです。

オープニングの広いマウスピースに2番を合わせてルーズに吹くよりは、オープニングが狭いマウスピースと硬めのリードが合わせやすいです。

V21を試している受講生さん達の音は、苦しそうでコントロールが大変そうな音に聞こえています。0.5番柔らかい強度番号に変えるか、オープニングが一段狭いマウスピースに変えると楽に吹けます。

リード番号に標準はない!

3番のリードが正義ではありません。リードのカッティングや使用しているマウスピース、リガチャーなどの組み合わせで吹きやすいリード番号は変わるものです。

吹きにくいセッティングを試してみることで、吹きやすいリードのことが理解できるようになります。色々な組み合わせを実験してみることが大事。

バンドレン・V21-05

新しいリードやマウスピースを試してみた方は、感想など教えて下さいね。