SATOSHI OZAWA

Official Site | satoshiozawa.com

サックス・フィンガーチャート・B♭

2019-06-10

サックス「ラ♯、シ♭」のフィンガリング(指使い、運指)です。それぞれ音色の明暗や音圧が変化しますので、曲調やテンポに合わせて適切なフィンガリングを選びます。

5種類の中で優先的に使用するフィンガリングは、1と2です。

1. 左側のフィンガリングは、[Bキー]と[B♭キー]の2つを左手人差し指で同時に押さえます。
2. 右側のフィンガリングは、[Side B♭レバー]を右手人差し指の根元で押さえます。

3. 4. 5. 上記3種類は替え指です。右手でキーを閉じるため音色が暗くなります。楽曲中で音を長く伸ばす時に変え指は使いませんが、アップテンポのフレーズやトリル、装飾音符の時に使用すると効果的です。

6. 上記フィンガリングは最低音B♭と共通。吹き方を変えると1オクターブ上の音が演奏できます。(後に練習するオーバートーンの第二倍音)B♭で最も強い音圧が出ますので、アドリブフレーズの強調音(アクセント)などに使用します。

7〜11は、上級者向きの替え指バリエーションです。アドリブフレーズのアクセントや意図的にチューニングを外したクオータートーンフレーズ(半音と半音の間)を吹く時などに使います。
9と10は、チューニングが少し高めに当たりますのでディチューン効果抜群です。
11は、B♭の第二倍音の出しかたのコツがつかめない場合、[Gキー]を開けるだけで簡単に音が出るようになります。